何かと伝授するお話し

自分の経験全て伝授します

LINEで相手をブロックする、ブロックされたかを確認する方法

f:id:otokonohanamiti2:20190710222832j:plain

 LINEしていく中でこの人ともう会話したくないなんて経験はありませんでしょうか??

そんな時に役立つのがこのブロック機能です!LINEを使っていく上で絶対に覚えておいた方がいい機能でもあります。

 

そして、逆にもしかしたらブロックされてんじゃないか?なんて思う時ってありますよね?好きな人だったら尚更その不安感は尋常じゃないものになります。

 

そんな時にブロックする側とされる側の事を知っていればその場の自分が置かれている状況を把握できるのですごく助かるんです。

LINEブロックとは??

LINEのブロック機能とは、言ってしまうともう関りたくない相手から連絡を拒否し、相手からの通話や連絡をこちらに届かないようにしこちらの情報を相手に見られないようにする機能です。

ストーカ―チックな相手やこのまま関り合っていても自分にとってメリットがないや楽しくないなんて思う人はこの機能を使いますね。

 

それでは見てみましょう。

 

LINEで相手をブロックする方法は二種類

LINEでブロックする方法

 

一つ目

 LINEを開く→下のホームを選択→友達→ブロックしたい人を探す

f:id:otokonohanamiti2:20190709232543j:plain

 

 

    その人を長押し→ブロックを選択→OKを選択

f:id:otokonohanamiti2:20190709232730j:plain

 

 

アップデートをするとブロックのやり方は変わってしまいます。以前は、ブロックしたい人を探したら左にスワイプをするとブロックを選択することができました。

二つ目 

自分がブロックしたい相手のトークを開きます。

     右上の「Ⅴ」を押す↓↓

f:id:otokonohanamiti2:20190710213723j:plain

 

    右上のブロックを選択↓↓

f:id:otokonohanamiti2:20190710213757j:plain

 

   トークの下にブロック中↓↓

f:id:otokonohanamiti2:20190710214045j:plain


とでたら完了

 

 

このやり方は、自分がブロックしたい相手とトークをしていた場合オススメです。

本当にLINEブロックできているかの確認のやり方

最終ブロック確認のやり方ははこちら

 

LINEを開く下のホームを選択→左上の設定(歯車マーク)⚙を開き設定へ飛ぶ↓↓

f:id:otokonohanamiti2:20190710215505j:plain

 

         友だちを開く↓↓

f:id:otokonohanamiti2:20190710215539j:plain

 

       ブロックリストを開く↓↓

f:id:otokonohanamiti2:20190710215650j:plain

 

ここに自分が今までブロックしてきたアカウントが表示されています。

編集を押すと、削除とブロック解除がでてきて削除を押すと完全に相手のアカウントは自分のアカウントから消されて友達に戻すことは不可能になります。

 

もう一度友達になりたい場合は、相手からQRコードをもらうなど最初からしなくてはなりません。ブロック解除を押すと、相手のアカウントが友達欄に戻され、もとに戻ります。

相手にLINEをブロックされているか確認する方法

相手にLINEをブロックされているか確認する方法が実はあります。まずブロックされていたらどうなるのかを知っておくことが大切です。

LINEをブロックされていたらどうなる?

相手にブロックされていると、必ずその人に個人的にメッセージを送っても返信はこないのは当たり前で、既読すらつかないこの既読がつかない時はほぼブロックされていると思ってもいいでしょう。

相手がブロックしていたらメッセージなどすべて来ないようにしているので意図的に見ていないのでなく、そもそもメッセージ自体が届きません。

 

タイムラインが見れなくなる。もとからタイムラインがあることを知っていればブロックされたことがすぐにわかるのではないでしょうか。

しかし、最近はタイムラインに何かあげている人は少ないのでこれは気づくには難しいといえます。

しかし、ブロックされていてもアイコンなどは更新されるため、気づきにくいかもしれません。

 

そんなときにブロックされているのか確認する方法があります。みなさんも活用して確認してみてください。

相手にスタンプや着せ替えを送ってみる

もしブロックされているアカウントにスタンプや着せ替えを送ると送れないことが明らかになりました。無料のスタンプで試してみましょう。なんなら10個ほどスタンプを送れば嫌でもブロックされていなければLINEをさすがに開いて既読がつくことでしょう。

 

このやり方はこっそりとできるので一人で簡単にすることができます。

友達に協力を頼む

自分がもしブロックされているかもしれない相手からLINEの返信が来なかった場合、共通の友達にLINEを送ってもらってその人にLINEが返ってきたらLINEをブロックされている可能性が高いといえます。

しかし、このやり方は100%ブロックとは限らず無視されている(未読無視)の可能性もありますがほぼブロック確定でしょう。

アイコンやステータスメッセージ(一言)を確認

もし自分に連絡が返ってこない場合は、アイコンやステータスメッセージ(一言)を確認するのが良いでしょう。

返信が来ないのに、アイコンやステータスメッセージ(一言)が変わっていたらブロックを意味するサインかもしれません。

※しかし、100%ブロックされているとは限らないので注意です。

グループラインの確認

確認したい相手と同じグループに入っていたときに使えます。

グループラインが活動している場合、自分の個人トークに返信が来ていない時に、相手がグループで返信をしていたらブロックされている可能性があります。

これならバレずに確認することができます。しかし、これも友達に協力を頼む・アイコン、ステータスメッセージ(一言)の確認と同様に

※100%ブロックされているとは限らないので注意です。

 

ブロックやブロック確認はだれでもできることです。

なので、自分がブロックをする立場にもなり、ブロック確認をされる立場でもあります。逆に、ブロックされる場合もあれば、ブロック確認をされる場合もあります。そのことを踏まえて確認等をするといいと思います。

また、最近SNSでのトラブルが多いのが現状です。特に学生に多いことがわかっています。

SNSトラブルを減らすためにもブロックすることを減らしたり、SNSの使い方を改めて考えると『楽しく便利にSNSが使える』のではないでしょうか。