何かと伝授するお話し

自分の経験全て伝授します

歴代の流行語大賞一覧+αを振り返る!【2000年~2006年】

f:id:otokonohanamiti2:20181209190613j:plain


こんにちは~。時代の流行は早いものでして・・・もう今現在2018年!!いや~早すぎる!!あともう2年で2020年です

 

平成も今年で最後だよ・・なんてこった・・

年をとったことをつくづく感じてしまう今

 

2018年になるまでのことを思い出してみようかなと思いまして。

2000年から2018年の流行語とその年に流行ったものを少し振り返ってみよう!!

 

 

2000年【ギャル・ギャル男】

2000年(平成12年)の流行語年間大賞は

 

『おっはー』 『IT革命』

 

トップテンいりは「パラパラ」など・・・

 

 

特に覚えている言葉は「おっはー」かな?

 

『おっはー』はみんがあいさつでよく使う「おはよう」の短縮型の言葉だ

 

流行の原点はテレビ東京系列の子供の番組「おはスタ」で使った「おーはー」を香取慎吾さん演じる慎吾ママがフジテレビ系列での人気番組であった「サマ★スタ」で使用したことをきっかけに人気が出て、」「おっはー」を使ったノリのいい曲「慎吾ママのおはロックもさらに大ヒット!

 

「おっはー」は男女・世代関係なくさまざまな人に人気となった流行語になった!

 

 

今ではあんまりなじみのないパラパラ。パラパラはクラブやディスコで踊るダンスである。独特の手の動かし方、左右移動の2ステップと呼ばれるステップを刻みながら踊っていた人たちがいた

 

当時は日焼けサロンに通う人も多く、多くのガン黒ギャルやギャル男がいました。今では考えらんね~ガン黒ギャルやギャル男はクラブでパラパラを踊るのが大好きだった。でも発祥は1980年とかなり昔

 

 

ヒット曲第1はサザンオールスターズの「TSUNAMI

 

売上枚数はなんと288.6万枚!

 

ほかに人気の曲は 「真実の果実」 「いとしのエリー

 

ほかにもイチロー選手が野手として日本人初の大リーガーに!さすがイチロー選手!

 

 

2001年【明日があるさがCMで復活】

2001年(平成13年)の流行語年間大賞は

 

明日があるさ』 『ドメスティック・バイオレンス

 

 

明日があるさ」は約30年前の歌が缶コーヒーのCMとして復活し人気の原因に!この時にうたった人はダウンタウンの浜ちゃんをはじめ吉本興業の方々!元の曲は若い男女の恋愛を歌ったあま~いものであったが、カバー曲ではサラリーマンが主人公!そのサラリーマンを見て明日への希望をみんなに思い出させ大ブレークとなった!

 

やっぱりダウンタウンはすごい!芸人さんはさすがじゃ~

 

 

ヒット曲第1位は宇多田ヒカルさんの「Can  You Keep A Secret?」

 

宇多田ヒカルさんの曲は人気なものばかりや!

 

売上枚数148.4万!

 

ほかにも人気な曲は「初恋」「First Love」 「あなた」

 

 

この年は柄タイツやストッキングが流行ったそうで・・・

 

今ではあんまり見かけませんね

 

 

2002年【ワールドカップ・あゆM】

2002年(平成14年)の流行語年間大賞は

 

『ダブル受賞』 『W杯』

 

 

「W杯」はカルメーン代表チームがキャンプとして選んだところが大分県にある中津村。テレビ番組でも注目された!カルメーン代表の到着を待っていたが予定の日になっても来ず・・・4日後に到着したが選手が来ないと話題になり、W杯開催中は中津村の様子も注目をされるほどに!受賞者は中津村村長の板本休さん

 

 

その年の出来事は全国初の歩きたばこ禁止条例。

 

ファッション面では、ソフトモヒカンや透ける素材の服。ブーツとロングマフラーが定着し、おしゃれ眼鏡もはやりました。

 

ヒット曲第1位は浜崎あゆみの「M」

 

売上枚数はここにきてまさかの100.0万枚!

 

さすがすぎ!!

 

ほかにも人気の曲は「Movin´on without you」 「Startin´」

 

 

2003年【なんでだろう~・世界に一つだけの花

 2003年(平成15年)の流行語年間大賞は

 

『なんでだろう~』『毒まんじゅう

 

 

中本哲也さんと石澤智幸さんふたりで組んでいるコンビ「テツandトモ

 

青ジャージのトモさんがギターを弾き、赤ジャージのテツさんが踊っているのが印象的ですよね!そのギャグで日常の様々な疑問を「なんであろう~」と連呼していたギャグ!

 

フジテレビ系列のアニメ「こちとら葛飾区亀有公園前派手所」のエンディングテーマで流した「テツアンdトモのなんでだろう~両さんバージョン~」で人気に!翌日発売の「なんでだろう~こち亀バージョン~」がヒットした!

 

 

この年は、小惑星検査機「はやぶざ」打ち上げや宮崎俊監督「千と千尋の神隠し」が第75回アカデミー賞長編アニメ映像賞を受賞

 

 

ヒット曲第1位はSMAPさんの「世界に一つだけの花

 

売上枚数は浜崎あゆみさん越えの210.8万枚!今では解散が悲しい・・・

 

 ほかに人気の人気の曲は「BLUE BIRD」 「SEASONS」

 

2004年【ちょー気持ちいい・冬ソナ}】

2004年(平成16年)の流行語年間大賞は

 

『チョー気持ちいい』

 

トップテン入りは 『冬ソナ』

 

 

アテネオリンピック男子100m平泳ぎで金メダルを獲得した北島康介さん!おめでたい!すごい!レース後のインタビューで発したその言葉が流行語大賞に!その言葉が「超気持ちいい」でした。うれしい気持ちが見ている人にも伝わり印象がかなり残るレースとなりました

 

「冬ソナ」は韓国ドラマで2004年4月3日の地上波NHKで放送され特に年配の女性たちのとりこに!そこで人気が出て、このドラマをきっかけで韓国ドラマやK-POPいわゆる韓流が流行る原因に!

 

 

この年は新潟県中越地震ニンテンドーDSプレイステーション・ポータブルが発売

 

 

ヒット曲第1位は最近若い人から大人にかけ世代を超えて知られている平井堅さんの「瞳をとじて

 

売上枚数はは83.4万枚

 

 

2005年【小泉劇場青春アミーゴ

2005年(平成17年)の流行語年間大賞は

 

小泉劇場』 『想定内(外)』

 

 

小泉劇場」は、なつかしの小泉純一郎首相が在任中に起きてしまった政治の展開や流れを現した言葉で、解散・総選挙での総選挙の圧勝や小泉首相の意図すしないすべてに関わらずそれぞれでたくさんの問題が起こって年です

 

 

この年には、日本プロ野球セ・パ交流戦が開幕。日本人口が1899年以来初の自然減。のどごし生(キリン)が新食品・ヒット食となったりファッション面では「ファー」が流行した

 

 

ヒット曲第1位は修二と彰の「青春アミーゴ

 

みんなくちずさんでたな~

 

 

2006年【イナバウアー

2006年(平成18年)の流行語年間大賞は

 

イナバウアー』 『品格』

 

トップテンいりは 『エロカッコイイ』 『シンジラレナ~イ』 『ハンカチ王子

 

 

「どうも~倖田來未で~す」の倖田來未さん。PVで大胆かつセクシーな衣装を着て踊る姿が「エロかっこいい!」「エロかわいい}と男女ともに大好評に!そのルックスにあこがれる女性が急増!その格好をマネする人まで続出!

 

日本ハムパ・リーグで優勝し、日本ハムファイターズヒルマン監督がインタビューの際に発した言葉「シンジラレナ~イ」と叫んだそう。英語なまりの日本語が話題となた。日本人からしたら発音がかわいかったのかな!

 

夏の甲子園大会で活躍した斎藤佑樹さん。有名な早稲田実業のピッチャーをしていました。その斎藤佑樹さんがマウンドで手に持っていたもの。それは「青いハンカチ」だったのです!そのハンカチは丁寧にたたまれており、そのハンカチで汗を拭く姿が話題に!爽やかかつ好印象なそんな姿が人気に!

 

 

ヒット曲第1位はKAT-TUN「Real Face」

 

ほかの人気の曲は 「Real Face]  「Keep the Faith」

 

 

2007年~2012年はこちら

www.exceedlimit-onocyan.com